ホーム法人携帯導入のポイント(通信コスト削減)

法人携帯導入のポイント

通信コスト削減は法人携帯導入で!

法人携帯導入のポイントは、基本・通話・割引料金+機能+サポート

御社の利用状況やご希望に適したプランを選ぶ事でムダな通信コストを抑える事ができます。またコスト面以外に、セキュリティや故障などのしっかりしたサポート対応なども重要な点となります。

まずは、会社全体での携帯電話の利用状況をしっかり把握しましょう。

ビジネスシーンでの携帯電話の活用方法は様々ですが音声利用は、大きく3つに分ける事が出来ます。 だれと電話していますか?
社員同士の通話が多い

携帯電話を会社で利用されている場合は、実際に社員に聞いて調査してみると、 業務連絡などで会社にかける事が多かったりと、通話全体の70%が社員同士だったりという事も珍しくはありません。
携帯電話を法人契約されると、社員間の通話には法人割引が適用されることがあり、上記の場合ですと、最大で70%のコスト削減が可能の場合があります。

ポイント
社員間通話に無線機をお使いの会社は、法人携帯の導入で大幅コスト削減が可能です。 《こんなお仕事の方へ》 運送業、倉庫業、派遣業、イベント会社
どこに電話していますか?
取引先への通話が多い

営業マンが多い企業などでは、取引先の担当者とのコミュニケーションが多くなり、通話全体として社外への通話割合が高くなります。
この社外通話は「同じ携帯会社か?または違う携帯会社か?」という内訳になり、同じ携帯会社同士の通話は無料など、契約する携帯会社ごとの割引サービスがあります。

ポイント
通話先の携帯会社は、電話をかけた際の「プププ」の音声通知などから判断しましょう。 《こんなお仕事の方へ》 旅行代理業、貿易・流通業イベント会社、企画・プランニング会社
いつ電話していますか?
夜間の電話が多い

2交代制の交代勤務や海外とのやり取りが多い企業などでは、一般企業のビジネスタイムではない夜間通話が多かったりします。 法人携帯の割引サービスは昼/夜での通話課金が違う場合があります。
夜間での通話料を把握し、夜間の通話が多い場合には割引サービスの契約を検討してください。

ポイント
法人向け割引サービスは昼と夜で料金が違います。 《こんなお仕事の方へ》 警備業、介護業・救急、通信、出版・編集業

通話利用以外の、業務・営業でのパケット利用を把握しましょう

携帯電話の機能は、音声通話の利用だけではありません。
メールや検索サービスの利用だったり、最近ではグループウェアといった社内共有や業務連動のシステムを携帯電話で利用する事も増えてきています。
このような比較的パケット通信が多い会社は、従量課金ではなく使い放題の定額制の割引サービスがおすすめです。

全携帯会社の法人向けプランを料金シミュレーションする
悩むより、今すぐお電話下さい!![お問い合わせ受付時間]9:00~18:00 メールでお問い合せ
ワンポイント アドバイス
Q.プランを考えるときには、どの部署を基準にすればいいの?
A.貴社で最も多く携帯電話を利用している部署を基準にしていくのが基本です。導入予定の部署間で携帯電話の利用に差がある場合は、お電話いただければ、当社コンサルタントが細かいとこまで対応いたします。
Q.携帯電話同士の通話しか安くならないの?
A.固定電話への通話に対しても割引プランがある場合があります。当サイトでも将来的にサポートしていく予定です。興味がある方は、お電話にてご案内さし上げます。
Q.料金・機能・サポート以外での携帯会社はどこを選ぶといいの?
A.電波基地局数や、契約者数・純増数などが参考になると思います。
ご利用シチュエーションから最適プランをご案内します
社員同士でよくしゃべる 他社の携帯によくかける メール・インターネットをよく使う
疑問・質問、お悩みの方はまずお電話ください!法人モバイルマスターがあなたの悩みに答えます!
携帯事業者別 契約純増数
▲page top